銀行融資個人向けカードローン TOP > 個人向けのカードローンを作成するには > 銀行融資の個人向けカードローンの発行までの流れ

銀行融資の個人向けカードローンの発行までの流れ

スマホを持つ女性初めて銀行融資の個人向けカードローンを申し込むということになると実際にカードの発行に至るまでに何が行われるのか、何をしたら良いのかということなども気になることとなります。
 
カードローンをネットで申し込むということになると各銀行のサイトから必要事項を入力していくことになります。
その際に最低でも本人確認書類を提出するということが必要となってくる場合が多いのですが、提出方法もネットが整備されている現代ではメールやアプリを利用しての即刻出来てしまうという場合が多いようです。
 
郵送などの手間が省けて非常に便利にできているのです。
これらの入力作業と提出書類を送ってしまえば銀行側で審査が始まると思ってよいでしょう。
 
審査の途中では在籍確認といって申告した職場に本当に在籍しているのかの確認の電話が入るというのが一般的です。
これは在籍の確認の他にも本当に本人が申し込んでいるのかの確認をするという意味合いもあるようです。
 
また、今時は在籍確認の電話連絡はなくカード発行時に本人限定受取郵便を送ることによって在籍確認を兼ねるという方法をとっている銀行もあるようです。
最終的に審査がスルーできればカードが発行されることとなり後日、郵送でカードが送られてくるという運びになるのです。
 
実際の銀行融資は個人向けカードローンのカード自体が届く前に受けることも可能となっている場合もありますので急ぎの融資が必要な場合は各銀行に確認すると良いでしょう。


このページの先頭へ