銀行融資個人向けカードローン TOP > 個人向けのカードローンの特徴 > 銀行融資の個人向けカードローンの限度額

銀行融資の個人向けカードローンの限度額

カードを持つ男性銀行の融資である個人向けカードローンには当然ながら利用限度額というものが設定されています。
これは各カードローンが公にしている最高利用可能額とは違うものとなります。
仮にあるカードローンの最高利用可能額が500万円だとしても各個人が持っている銀行融資の個人向けカードローンの利用限度額はその金額ではないということです。
 
利用限度額は人によって違ってきます。
ある人は利用可能額の500万円の人もいるかもしれません。
しかし、ある人は30万円や10万円の人もいるというわけなのです。
この違いは年収や資産の有無やその金額、勤務先や勤続年数、正社員なのか派遣社員なのかアルバイトやパートなのかなどによって変わってくることとなります。
 
そして、利用限度額は自分で決めることは出来ません。
カードローンを申し込む際には融資希望額を記入することもあろうかと思いますが、それはあくまでも希望であって希望通りの限度額になるとは限らないのです。
限度額を決めるのは銀行ということになるのです。
 
消費者金融のカードローンに関しては総量規制の対象となっていますので最高でも年収の3分の1しか限度額は設定されません。
 
複数の消費者金融などからの借り入れがあると合算して年収の3分の1までが利用限度額となるのです。
銀行のカードローンは総量規制対象外なので別枠で限度額の設定はされますが、あまりにも他社からの借入件数や借入金額が大きいとカードローンは作成できないこともありますので注意は必要です。


このページの先頭へ