銀行融資個人向けカードローン TOP > 個人向けのカードローンの特徴 > 銀行融資の個人向けカードローンの金利

銀行融資の個人向けカードローンの金利

銀行融資の個人向けカードローンにも当然ながら利用をすると金利がついてくることになります。
消費者金融のカードローンと比べると銀行融資の個人向けカードローンのほうが金利は間違いなく低くなるのでユーザーにとっては使い勝手の良い有利なカードということが言えます。
 
金利の高さや低さというものは実際にカードローンを利用してみてその違いがわかるものです。
利用前に漠然と○%と言われてもピンと来ないというのも事実です。
ですが、金利は間違いなく低いほうが良いに決まっているのです。
 
同じ金額を利用しても金利の違いで総返済額は大きく違ってくることになるのです。
ですから、カードローンを選ぶときは金利にはかなり気をつけて考えると言うことが重要となります。
その意味ではオススメだと言えるのはやはり銀行のカードローンであると言えるわけです。
 
ただ、最近は消費者金融のカードローンでも興味深い商品もあります。
それは一定期間無利息とか初回利用分無利息といった商品です。
通常なら銀行のカードローンよりも金利が高いとしても借り入れをして間違いなく一ヶ月後に全額返済が出来るというような場合は事によると、こうした消費者金融のカードローンを利用したほうが得な場合も有るというわけです。
 
使いようによってはまったくの金利ゼロで利用して完済することも可能なのですから。
このようにカードローンの利用に際しては自分の返済計画と照らしあわせて自分にとってリスクの一番少ない物を選ぶことが大切なのです。


このページの先頭へ