銀行融資個人向けカードローン TOP > 個人向けカードローンで困らないようにする > 銀行融資の個人向けカードローンの返済の方法

銀行融資の個人向けカードローンの返済の方法

通帳と電卓銀行の個人向けカードローンの融資を受けると翌月からは返済が始まるということになります。
 
その返済の方法は概ねリボルビング払いということになっているものと思われます。
残高スライド元利定額リボルビング方式を採用している場合がほとんどなのです。
 
リボルビング払いは毎月の支払額が定額となっているもので返済予定を立てやすいものだと言われています。
ただ、この返済額には元本だけでなく金利が含まれての定額ということになっています。
そのため、返済の初期に関しては特に金利分が占める割合が高いものとなります。
 
これは毎月返済を繰り返しているもののなかなか元本が減っていかないという状況を産みだしてしまうこととなります。
この部分はリボルビング払いの欠点とも思われるもので長期に渡り返済を繰り返してもなかなか完済に辿りつけないという感覚になる要因の一つともなるものとなっています。
 
銀行融資の個人向けカードローンの場合の返済には基本的に銀行口座からの自動引き落としでの返済が一般的となります。
そのため、返済日までに口座に返済額を用意しておくということが必須となってきます。
 
より効率的に返済するべき残高を減らしていこうと思うのであれば毎月の定額返済の他にもボーナス時とか臨時に収入が入ったときなどのお金の余裕のあるときに多めに返済をする、随時返済を行っていくということがポイントとなります。
 
いずれにしてもカードローンは計画性を持って利用していればこれほど便利なカードはないのです。


このページの先頭へ