銀行融資個人向けカードローン TOP > 個人向けカードローンで困らないようにする > 銀行融資の個人向けカードローンの返済が遅れた時

銀行融資の個人向けカードローンの返済が遅れた時

封筒銀行融資である個人向けカードローンを利用して毎月、順調に返済を繰り返す。
これはごく当たり前のことです。
 
しかし、返済の途中には思いがけない出費などがあって返済日までに返済金額を口座に準備できなかったというような事態を引き起こしてしまう人もいるようです。
 
当初の返済日に残高不足で引き落としができなかった場合にはほとんどの場合は郵便物等で引き落としができなかった旨の通知と改めて別途設定された引き落とし日の連絡が入ることとなります。
 
再設定された引き落とし日に無事に引き落としがされることになると特に何も問題はありません。
次回返済の際には引き落としが出来ないというような事態が起こらないように気をつけたら良いのです。
 
しかし、この時点でも引き落としができなかった場合は個人向けカードローンの融資を行っている銀行から再度通知が送られてくるか電話連絡が入ってくるということになります。
もちろん、返済してくださいという内容の連絡です。
 
銀行側と相談をして返済日を決めたら良いのですがこの際には別途、遅延損害金がかかってくることは理解しておきましょう。
 
つまり、本来支払うべき金額に返済が遅れたことによるペナルティーが課されるということになるのです。
遅延損害金は年利20%前後かかるということが一般的ですので、返済が遅れると大きな額をプラスして支払いしないといけなくなるのです。
併せて実際に返済が行われるまで多くの場合はカードローンの利用ができなくなるように止められてしまいます。
当然ですが、返済が遅れると良いことなど何もないというわけです。


このページの先頭へ