銀行融資個人向けカードローン TOP > 個人向けのカードローンの特徴 > 銀行融資の個人向けカードローンの担保

銀行融資の個人向けカードローンの担保

銀行融資の個人向けカードローンの特徴には借り入れをするために保証人が不要で担保も必要が無いということがあります。
銀行からしたら保証人も担保も取らないということですからリスクが高いような気がしますが、その分金利も高く設定されているし融資される金額も低く設定されているということになるのです。
 
また、銀行は個人向けカードローンとして融資を実行するためには必ずバックに保証会社を付けるということになります。
万が一、返済できないというカードローンユーザーが発生したとしても銀行からしたら全くのリスク無しで済む仕組みが出来上がっているわけです。
もちろん、保証会社には保証料的なものを支払っていることになりますが、その分は高く設定されている金利分の収益でまかなっているということになるのです。
 
こうして見ていくと銀行側からすると非常に利益の出る融資商品でリスクも少ないものがカードローンと言えるわけです。
これらは審査制度の精度があがったことやスムーズな流れの仕組みが完成していることにより成り立っているといえるのです。
きっちりと返済ができるユーザーの囲い込みができればできるほど銀行には収益が上がる仕組みができているということになるのです。
 
担保を必要としているカードローンも存在はしています。
多くが大きな金額になるので担保は不動産となる場合が多いようです。
何かあれば不動産という担保が入ってくることになっていますので金利は一般的なカードローンよりも低く抑えられています。


このページの先頭へ