銀行融資個人向けカードローン TOP > 個人向けのカードローンを作成するには > 銀行融資の個人向けカードローンの必要な書類

銀行融資の個人向けカードローンの必要な書類

書類のイラスト銀行の個人向けカードローンの融資を受けようと思うと申込用紙以外にも提出しなくてはいけない書類関連があります。
その代表的なものとしては身分証明書ということになります。
本当に本人が申し込んでいるのか本人確認を行うために必要となる書類ということになるわけです。
 
身分証明書には運転免許証や健康保険証にパスポート、住民基本台帳カードなどのどれか一つがあれば良いということになります。
また、今後はマイナンバーの番号の提示も必要となってくるでしょう。
 
最近ではこの本人確認が出来る身分証明書のみの提出書類でカードローンの申し込みができてしまう場合も多いようです。
特に申し込み金額が低い場合はこれだけで済むという場合が多いようです。
 
また、申込金額が大きい場合や銀行によっては必ず収入証明書の提出を求められることがあります。
 
収入証明書はサラリーマンであれば源泉徴収票のコピーを提出すればよいのですが、自営業者等の場合は所得証明書や課税証明書などが必要となってきます。
これらは役所でしか取得できませんので場合によっては役所にまで出向かなくてはいけないということになるわけです。
 
銀行融資の個人向けカードローンの手続きをスムーズに進めて早めに融資を受けたいと思うのであればこうした提出書類を予め揃えておくということが大切となってきます。
身分証明書はすぐに提示ができても収入証明書となると意外と手間取る場合があるようですので留意しておきたいものです。


このページの先頭へ