銀行融資個人向けカードローン TOP > 個人向けのカードローンを作成するには > 銀行融資の個人向けカードローンの審査について

銀行融資の個人向けカードローンの審査について

銀行の個人向けカードローンを利用しようと思うと融資となるわけですから当然、審査が行われるということになります。
 
カードローンは基本的に誰もが申し込めるものとなっているのですが、
大前提としては年齢制限にひっかからないということと決まった仕事につき安定した所得が有る人でないと利用することは出来ないものとなっています。
そのため、無職の人や未成年や高齢者などは申し込んでも作れないということになるのです。
 
審査に関してはこうした前提条件をクリアした人の中で返済能力が有るかどうかで判断されるということになります。
どこに住んでいるのかとか性別などは基本的には関係ありません。
 
年収がどの程度あって勤務先は安定しているのか、何年勤めているのか一定の場所にある程度定住しているのかどうかといった貸したお金をきっちりと返してくれる能力があるのかどうかだけを審査されるのです。
 
ですから、定職に就いており収入が安定していても他社から総量規制にかかるほどの借金をしていたり多重債務と思われるような状況下にあると当然、返済能力はないものとみなされて審査をスルーすることも難しくなってくるということになるのです。
 
銀行融資の個人向けカードローンは他人が代理で申し込むということは出来ません。
原則として審査の際には本当に本人が申し込んだのかどうかの確認をするために運転免許証や健康保険証などの本人確認書類の提出や電話による在籍確認や本人確認が行われることとなります。


このページの先頭へ