銀行融資個人向けカードローン TOP > 個人向けのカードローンの特徴 > 銀行融資の個人向けカードローンの契約期間について

銀行融資の個人向けカードローンの契約期間について

部屋銀行の個人向けカードローンも融資であるのですから基本的には契約期間というものが存在しています。
それは1年であったり3年であったりと予め決められているものとなります。
しかし、カードローンに関しては基本的に何も問題がなければ契約に関しては継続をされるということになります。
自動契約として更新されていくのです。
 
問題がある場合はどうなるのでしょう。
ここで言う問題の代表的なことというとカードローンの契約期間中に延滞を起こしたり支払いが滞る、任意整理をするといったことなどとなります。
つまり、本来の契約通りに返済を続けていくことが出来なかったりしたことがある場合のことを指すのです。
こうした状況になった際には契約は更新されずに終了となってしまう可能性があるのです。
 
また転勤などで引っ越しをした時も注意をしなくてはいけません。
引っ越しをしてしまうと銀行から郵便物等が届かなくなってしまう可能性があるのです。
引っ越しをした時には個人向けカードローンの融資をしてくれている銀行にも必ず届け出をしなくてはいけないのです。
 
もしも、郵便物が届かないということになると連絡が取れないということに等しくなり本来なら更新できたはずのカードローンの契約が終了してしまうこともあるので十分な注意が必要なのです。
 
これはカードローンに限ったことではありません。
引っ越しの際にはトラブル防止のためにも保険やクレジットカード関連の会社にもしっかりと連絡を入れるように心がけましょう。


このページの先頭へ