銀行融資個人向けカードローン TOP > 個人向けのカードローンを作成するには > 銀行融資の個人向けカードローンの保証会社について

銀行融資の個人向けカードローンの保証会社について

銀行が個人向けカードローンを融資商品として展開できているのはバックに保証会社が付いているということが大きいといえます。
基本的に保証会社はどこの銀行のカードローンに関しても必ず付いています。
そのため、銀行のカードローンを作成しようと思うと銀行のバックに存在している保証会社の保証が受けられるということが条件となっています。
 
保証会社はカードローンユーザーが万が一借入金の延滞や任意整理や自己破産などの金融事故を起こした時にユーザーの代わりに銀行に対してその債務を補償するという役目を負っています。
つまり、銀行はユーザーがお金を返せなくなったら保証会社がその金額を銀行に対して支払いをするということになるのです。
 
ユーザーにとっては銀行への債務はなくなった様な形になるのですが、実際は債務は保証会社に移行するという形になるのです。
保証会社は消費者金融や信販会社がなっている場合が多く、これらの金融業者は債権の回収のプロ集団ということになります。
こうした保証会社が銀行のバックに付いているおかげで銀行融資の個人向けカードローンは存在しているのです。
 
保証人や担保が不要で融資を出来るのは保証会社が融資金額を銀行に対して全額補償しているからなのです。
また、金利が他の一般的な担保や保証人が必要なローンと比べて高いのも保証会社への保証料を銀行が支払うためだと思っておいて良いでしょう。
このような仕組みで銀行のカードローンは発行できる様な仕組みになっているのです。


このページの先頭へ