銀行融資個人向けカードローン TOP > 個人向けのカードローンの特徴 > 銀行融資の個人向けカードローンと総量規制について

銀行融資の個人向けカードローンと総量規制について

現在は貸金業法の改正により総量規制というものが定められています。
これは全ての貸金業者に適用されるということになります。
 
総量規制という法律が施行される前ですと個人にお金を貸す金額というのは基本的に消費者金融や信販会社などの貸金業者の意向によってバラバラでした。
貸金業者によっては多くの借金を抱えている人にでもお金を貸す場合もあったというわけです。
しかし、そのおかげで多くの人が多重債務となり破綻するという結果を招いたために現在のような年収の3分の1までしか借り入れができないという総量規制が定められたというわけなのです。
 
銀行の融資である個人向けカードローンは総量規制の対象外となります。
それは銀行が貸金業者ではないからです。
 
最近やたらと銀行のカードローンの宣伝がテレビなどで流れているのはこの影響もあるかもしれません。
消費者金融などでは総量規制にひっかかり借り入れができない人でも銀行の融資である個人向けカードローンなら借り入れすることも可能な可能性があるということになるわけですから。
 
カードローンはたしかに便利で役に立つカードでありますが、やはり何枚も持って多くの借金を抱えるということは非常に危険なこととなります。
返済に窮する可能性が膨らむからです。
 
カードローンを持とうと思うのなら総量規制云々ではなく、金利が低い銀行のカードローンから検討してみるというのが王道ではないかと思われます。
そして最も気にしなくてはいけないのは借りられるからと多くの金融業者から借り入れを行わないことです。
銀行のカードローンだけで十分という生活を送るべきなのです。


このページの先頭へ