銀行融資個人向けカードローン TOP > 銀行の融資を考える > 銀行融資にはどのようなものがあるのか

銀行融資にはどのようなものがあるのか

考える女性銀行というとお金を預けるところとか、堅い職業というイメージがどうしてもあります。
 
しかし、銀行の業務は何もお金を預かるということがメインの業務であるというわけでもありません。
どちらかというと融資を行う、つまりお金を貸すことによって成り立っている部分のほうが大きいと言っても良いのではないでしょうか。
 
銀行の融資には法人向けと個人向けの融資が存在しています。
 
法人向けに関しては証書貸付や手形貸付や当座貸越などの融資を行ったり、信用保証協会付きの融資を行ったりとまさに都心部や地方の経済を支えるような事業資金の貸し出しを主に行っています。
金利が高いものとしては法人向けのカードローンも取り扱っているところも増えてきています。
 
個人向けの融資で身近なものとしては住宅ローンや教育ローンに自動車ローンといった利用目的がはっきりとしているローンが挙げられます。
これらは保証人や担保が必要となってくる場合もあるようです。
 
近年は傘下に消費者金融を持つ銀行も増えてきたせいもあり、銀行融資の中でも個人向けカードローンに力を入れている銀行も増えてきています。
これらはテレビなどの広告媒体でよく見かけることからも銀行が力を入れているということがよくわかります。
 
最近では銀行も個人向けカードローンのような融資ばかりではなく生命保険や投資信託やNISAなどの扱いも始めています。
昔と比べると距離感があった銀行も個人にとってもより身近な存在になりつつあるようです。


このページの先頭へ