銀行融資個人向けカードローン TOP > カードローンの基本を知る > 銀行で個人向けカードローンの融資を受ける事ができる人

銀行で個人向けカードローンの融資を受ける事ができる人

チェックリストのイラストカードローンは便利なカードで基本的には誰でも申し込むことは可能となっています。
 
ただし、申し込んだからといって必ずカードローンを利用できるとは限りません。
それは審査があるからです。
 
銀行の個人向けカードローンで融資を受けようと思うとやはり審査があります。
この審査をクリア出来て初めてカードローンを利用すると言うことが可能となってくるのです。
 
その前提条件は年齢です。
未成年や70歳以上の高齢者は基本的に作成できないと思っておいたほうが良いでしょう。
自分で生計を立てていなかったりして返済の見込みが立てられないということが背景にあります。
 
それ以外の成人でも定職についていて安定している収入が見込めるという人でないとカードローンを作成することは不可能となります。
これもお金を貸したとしても返済できないのではないかと思われるからです。
要は信用が第一ということになるわけです。
 
さらに既に多くの債務を抱えてしまっている人も難しくなってきます。
多くの金融機関などからお金を借りていると返済額が多くなり、返済することが厳しくなってくるわけですからやむをえないのかも知れません。
 
過去において返済が滞った事がある人や任意整理や自己破産などの債務整理を行ったことがある人一定期間においてはカードローンを作成することは不可能となっています。
 
以上より銀行で個人向けカードローンの融資を受ける事ができる人は成人で70歳未満、定職に就いていて収入が安定している人で多重債務者でなく金融事故を起こしていない人ということになるのです。


このページの先頭へ