個人向け銀行融資の種類

銀行の個人向けの融資としては誰でもがお世話になる可能性が高いのが住宅ローンということになるのかもしれません。
 
銀行の融資には担保を必要とする融資も結構あるのですが賃貸物件などの経営のための融資であるアパートローンや持っている不動産の有効活用のためのリバースモーゲージローンなども利用する人が増えてきているようです。
いずれの場合も不動産が絡んでくる有担保融資となるのですが、担保となりうるものとしては他にも有価証券や動産や預金債権などを担保とする指名債権などがあります。
 
有担保の銀行融資の特徴としては融資期間が比較的長く借り入れる金額も大きな額になるということが特徴として挙げられます。
融資されたものが不良債権となってしまった場合などはこうした債権は回収のために売却されることとなります。
 
大きな金額が動く有担保の銀行融資と違って担保を必要としない銀行融資はまさに個人の生活に密着しているものとなってきます。
その代表格は教育ローンや自動車ローンにブライダルローンなどというものになります。
いずれも利用用途がはっきりしており、比較的金利は低く設定されるということになります。
 
最近話題の銀行の個人向けカードローンの融資は利用目的がまったく自由となっている商品です。
個人向けカードローンは個人が受ける銀行融資の中では比較的金利が高いものと言えるでしょう。
カードローンは融資期間が短く金利が高目に設定されているのが特徴なのですが、その利便性の良さから利用する人が大きく増えている商品です。


このページの先頭へ