個人向け銀行融資とは

指を立てる女性銀行の融資の中でも個人向けの融資ということになると少額のものは無担保融資が行われるものもありますが担保が必要な融資も存在しています。
 
有担保の融資の代表としては担保として不動産が関わってくるという場合が多いようです。
特に住宅ローンがその最たるものとなりますが、法人向けの融資の場合は担保として売掛金などが対象となる場合もあるのですが、個人向けの場合は担保として関われるものがどうしても不動産などになる傾向が強いようです。
 
無担保で融資を銀行から受けることが出来る代表的なものとしては個人向けのカードローンなどがあります。
有担保の融資に比べると金利が高く設定されて融資期間が短いというのが特徴となってきます。
 
有担保であっても無担保であっても誰でもが申しこめば必ず融資を受けることが出来るというものでもありません。
やはり必ず審査は存在するのです。
 
しかしながらこの審査も銀行によって差が出てくることがあります。
それは銀行によって経営方針が違ったり貸し出し方針が違ったりしているからだと言えます
もちろん、銀行自体の経営状態の良し悪しも大きく絡んでくる事にもなります。
たとえ個人向けの融資であったとしても銀行はリスクが大きいと思われる人には融資を行ってくれないというわけなのです。
 
メガバンクか地方銀行か信用金庫かなどの違いでも融資基準は変わってきますので個人向けカードローンなどを含めて銀行融資を検討する場合は一つの銀行の融資に固執をするのではなく申し込む銀行を変更してみるという方法も存在するのです。


このページの先頭へ