カードローンのデメリット

バツ便利で人気が高いカードローンですがメリットが多い反面、デメリットとして考えられることもいくつかあります。
それは便利さ故に起こってしまうことだと言っても良いのかもしれません。
 
カードローンは銀行を始めコンビニのATMなどがあればいつでもどこでも利用することが出来ます。
カードローンのカードが一枚あればいわばお金は借り放題ということになるのです。
 
銀行に預金をすると発行されるキャッシュカードも銀行やコンビニのATMからお金を引き出したり入金することが可能です。
しかし、キャッシュカードは自分の財産を引き出したり入金したりするという行為になります。
カードローンは引き出せば借金ということになります。
これを勘違いしてしまいがちなのです。
 
つまり、銀行のキャシュカードを利用するような感じでカードローンも利用してしまう。
借金なのに自分のお金を引き出しているような感覚になってしまい借金がドンドン増えていくということになるのです。
これは自分自身が気をつけていれば良いことなのですがデメリットといえるかもしれません。
 
また、銀行融資の個人向けカードローンだとしても返済方法はリボルビング払いとなります。
返済額が毎月一定でわかりやすいのですが返済を繰り返しても元本が減りにくいという欠点があります。
返しても返しても元本が減らずに完済までが遠く感じるということもあるでしょう。
これもデメリットということが出来るかと思われます。
 
何にしても融資を受けているのが銀行の個人向けカードローンだとしても便利さに任せて借りすぎるというのは気をつけたほうが良いのです。


このページの先頭へ