銀行融資個人向けカードローン TOP > カードローンの基本を知る > カードローンとクレジットカードの違い

カードローンとクレジットカードの違い

クレジットカードのイラストクレジットカードは現代の生活に欠かせないものとして浸透しています。
多くの人がクレジットカードを持っているというところを見てもそれは言えるかと思われます。
クレジットカードは商品の購入の際に現金が不要で利用できるカードとなります。
いわば現金は後払いのカードとなるわけです。
 
利用用途は基本的にはショッピングでの利用ということになります。
金利面は1回払いならまったく不要となり、分割払いやボーナス払い、リボルビング払いなどが可能となっているカードです。
 
一方、銀行などが融資商品として発行しているカードローンはお金を借りるためのカードとなります。
カードローンではショッピングは出来ないのです。
このメインの利用用途の違いがクレジットカードとカードローンの大きな違いということになります。
 
カードローンでお金を借りてショッピングをするという方法もありますが、クレジットカードの1回払いが金利ゼロだということを考えるとショッピングに利用するのなら圧倒的にクレジットカードの方が有利だということがわかります。
 
ただ、クレジットカードにもキャッシング枠が付いていることも多くあります。
クレジットカードを一枚持っていればショッピングも出来ますしキャッシングも出来るということになります。
 
しかし、金利面を見ますとカードローンのほうが必ず低くなっている事が多いので
お金を借りるのならクレジットカードを利用するよりも銀行融資の個人向けカードローンなどを利用するほうが有利だといえるのです。


このページの先頭へ