銀行融資個人向けカードローン TOP > カードローンの基本を知る > カードローンとキャッシングの違い

カードローンとキャッシングの違い

考える女性金融機関からお金を借りるということになると銀行からの融資として個人向けカードローンを作成したり消費者金融などからキャッシングをしたりといろいろな方法があります。
どの方法をとっても誰でも申し込むことは可能で審査さえスルーできれば借り入れをするということは可能となっています。
 
少し前ですと金融機関から利用用途は自由でお金を借りるということになると消費者金融からキャッシングをするというのが一番手軽な方法でした。
それが今では消費者金融だけでなく銀行や信販会社などのカードローンを利用するという方法もありますし、一般的なクレジットカードにもキャッシング機能がついてきており多用な方法で借り入れをすることが可能となっているのです。
 
本来、キャッシングというものは少額を借り入れして翌月には一括返済をするということが流れとしてありました。
本当に急な出費の時に役立てるというパターンです。
 
カードローンは基本的にはリボルビング払いでの返済というものがベースにあります。
借り入れを行うのも随時で可能ですし、いくら借入をしても返済額は一定という特徴があるのです。
 
この辺りがキャッシングとカードローンの大きな違いということが出来ます。
ただ、最近ではキャッシングも分割返済も可能となってきており昔ほどキャッシングとカードローンの区別はしにくいものとなっているのも確かです。
 
しかし、銀行融資の個人向けカードローンに関しては金利面で大きくメリットがあるというのはキャッシングとは一線を画しているところとなります。


このページの先頭へ